大曲の花火桟敷席のおすすめはどれ?有料観覧席で最高の花火を!

      2017/06/26

スポンサーリンク

秋田県の大仙市で全国花火競技大会が行われます。

権威あるこの花火大会

日本屈指の腕を持つ一流の花火師が

最高の花火を夜空に咲かせてくれるのです!
 
 
そんな花火大会ですが、

桟敷席(さじきせき)での観覧がおすすめ!

大曲の花火 桟敷席(有料観覧席)で観た方が良い?メリットは?

でもいったいA席、C席、イス席どれがいいんだろう?

トップクラスの花火師が集まるんだから

良い席で観たい!
 
 
なので簡単にまとめてみました!

スポンサーリンク

  

桟敷席オススメの場所は?

やっぱりA席!

A席(定員6名)23,000円

コンパネ敷き(板敷き)
約1.8m×1.8m
畳2畳分
座敷タイプ

目の前は雄物川なので、遮るものがありません。

また、打ち上げから近いので、迫力満点です。

視界いっぱいに広がる花火に感動する事まちがいなし!

A席の中でも前例はかなりの迫力・臨場感があります。

しかし、見上げる形になるので、首が痛くなるとか。

近いので、全体は見づらいかもしれません。

C席も良い!

C席(定員5名)15,000円

護岸 堤防斜面の席
約2m×2m
コンパネの簡易イス
2列に5人まで座れる

ゆったり座って見ることができますが、

C席が1番離れた所になるので、A席の迫力には敵いません。

ですが、幅500mにも及ぶ大会提供花火「ワイドスターマイン」

など、しっかりと全体を見ることができます。

しかし、ナイアガラはよく見えません。

ちょっと遠く感じるかもしれません。

次にイス席!

イス席(定員1名)3,000円

あまり広くは確保されていません。

A席と自由席の間なので、正面からみることは出来ませんが、

A席同様、目の前が打ち上げ場所になっています!

ですが、パイプ椅子のようですので、疲れてしまいそうですね。

露店は近くにあるので買いに行きやすそうです。

まとめ

好みによると思いますが、

自分のニーズに合わせて席のチケットを購入すると良いですね。

良い場所のチケットが取れる事を願っています☆

楽しんできてくださいね☆
 
 
 
[関連記事] 全国花火競技大会とは?大曲の花火を楽しむポイント!
大曲の花火 桟敷席(有料観覧席)で観た方が良い?メリットは?

スポンサーリンク

 - イベント, 花火大会 ,