ダイエット簡単に痩せる方法!これなら続けられる!

      2018/03/14

スポンサーリンク

ついつい食べ過ぎてしまうとすぐ太ってしまったりしませんか?

お正月なんか食べてのんびりして動かなかったりするから、
あっという間に太ってしまって、これが正月太り!?とびっくりしたり。

今日は簡単に痩せる方法をご紹介します!

スポンサーリンク

睡眠不足ではありませんか?

代謝をコントロールしてくれる成長ホルモン
実は脂肪を分解する働きもあるんだそうです。

成長ホルモンは22時〜夜中の3時までが活発になるので、
この活発な時間帯には寝ているようにしたい所!
遅くても2時には寝るようにしましょう。

ダイエットだけではなくお肌の修正もしてくれる時間になってますので、
やはりゆっくり休んでおきたいですね☆

そして、睡眠時間は7時間くらいが良いとされています。

睡眠時間が短い人ほど太りやすいと言われているので、
寝てる時間が短いなという場合は、
少しでも長く寝れるようにするといいですね。

ですが多く寝ればいいというわけではありません。
分解された脂肪がまた蓄積されてしまうので、
朝いつまでも寝てるのはNGです。
二度寝もせずに起きましょう!

なんと驚きなのが
睡眠不足だと空腹感を感じやすくなる!

私は夜が苦手でいつもあくびをしながら起きています。
眠いんだけどお腹も空くし、
我慢できなくて食べてしまう事がほとんど…
眠いからいつも食べたくなっちゃうんですね。

ですので、しっかり睡眠をとって
余計な間食や食事を控えるようにしましょう!

寝る前はこれに注意!

夜9時以降の食事はNG!

よく聞くと思いますが、
夜の間食はカロリーが消費されず蓄積されてしまいますので、
食べないようにして下さい。
でも、わかっていてもつい食べてしまうんですよね…
がまんがまん…

運動に注意!

激しい運動をすると、交感神経を刺激してしまい目が覚めてしまいます。
激しい運動ではなくストレッチやヨガをすると良いでしょう☆

寝る前にはこれを☆

[ハチミツ] 寝る1時間前にはハチミツを大さじ1杯食べると良いです☆
できれば加糖ではなく純粋なもの!
成長ホルモンの分泌がスムーズになります☆

[アーモンド] 寝る1時間前に、生で無塩のアーモンドを3粒食べると、
成長ホルモンの分泌を促してくれます。

[ハーブティー] 寝る30分前にハーブティー
心と体をリラックスさせて気持ちよく睡眠できます。
カモミールティーは神経を穏やかにする作用が高いです。

[ホットミルク] メラトニンの量が少ない人は寝つきが悪いそうです。
しかしホットミルクにはメラトニンの原料のトリプトファンが
豊富に含まれているので、眠りの質を高められます☆

寝る前のテレビやパソコン・スマホはNG!

寝る前は良くないと聞いた事があるかと思います。
ブルーライトはエネルギーが強く、目の網膜まで達するので
目や体に大きな負担をかけると言われています。
このブルーライトは交感神経を優位にしてしまうので、
目が覚めてしまったり、不眠になってしまいます。

寝つきをよくし、しっかり睡眠するために控えましょう。

睡眠と聞いて納得

私、元々痩せ型ではあったんです。
家系的には手足細くてお腹デブな感じで、
洋服を着ていれば痩せてると言われ。
まぁ、そんなんでも旦那には足太っ!と言われるのですが…

で、ここ何ヶ月かで、お腹デブまっしぐらなんですね…
指ではなく手のひらでつまめるし、もうお肉が乗ってる感じ。
これまた旦那にバカにされる日々なんです…

それで、よくよく考えてみると、睡眠時間が減ってからだなぁと…
だって前はお腹出たなぁって思っても寝れば戻ってたんですもん。

やっぱり睡眠で、太ってしまうんだなぁと実感しました。
なので最近は睡眠時間を取るように心がけてます☆
デブまっしぐらを食い止めなければ…!

まとめ

成長ホルモンには脂肪を分解する力があるとわかりました。

成長ホルモンが活発な時間帯に寝るようにして
スッキリボディを目指しましょう☆

睡眠の改善で太りにくくなりますが、
運動や食事管理など組み合わせると効果的ですので
生活習慣の見直しをしてみて下さいね。

酵素ドリンク/楽天

スポンサーリンク

 - ダイエット, 日常 ,