雪の日や凍結の車対策!準備や対処法!もしもの時の便利グッズとは?

      2017/01/22

スポンサーリンク

雪や凍結で困った事ありませんか?

よくある悩みや見落としがちな悩みなどまとめたので、
事前準備やもしもの時に役立てて見てください☆

スポンサーリンク

雪や霜の対策

フロントガラスの霜の取り方

朝早いとフロントガラスが凍ってたりしませんか?
このままじゃ走れないし…

霜を取るにはどんな方法があるのでしょう?

・エンジンをかけて車を暖める
暖めれば少しずつ溶けてワイパーで取ることができます。
しかし、時間がかかるんですよね。

・ぬるま湯をかける
水やぬるま湯をかければすぐにキレイになります。
ワイパーをかけて再凍結を防いでください。
毎朝毎朝これをやらなきゃとなると面倒ですよね。

・水で薄めたアルコールを吹きかける
消毒用アルコール(エタノール)と水を2:1で混ぜたものをスプレーします。
スプレーするだけで霜が取れるので、
車に常備しておくと良いかもしれませんね☆

フロントガラスが凍結しないように、
ダンボールを置いておいたり、
いらなくなった毛布をかけておくという対策も。

スタットレスタイヤ

雪が降るかもしれない地域の場合は
スタットレスタイヤに履き替えましょう!

ガソリンスタンドやタイヤ屋さん、車用品店などでタイヤは売ってます。
購入したお店で履き替えをすると履き替え手数料や
タイヤの廃棄料などが安くなる事がありますので、確認してみてください。

ノーマルタイヤで雪道や凍結路面を走ってはいけませんよ!

スタットレスではないのですが、私はヤフオクで購入した事があります。
4本で12000円位で購入出来ました。(物によってはもっと安いです。)
履き替えするのにお金はかかりましたが、普通に買うより安く出来ました。
手間でなければこういう方法も。

ワイパーを冬用に

雪用のスノーワイパーは柔らかいゴムで出来ているのと、
ゴムで覆われているのでワイパー自体が凍りつきにくくなっています。

夏用ワイパーは金属で出来ているので、
フロントガラスで溶けた雪などが凍って固まってしまい、
ワイパーとしての役目を果たせなくなってしまうのです。

普段のワイパーで問題なければ替えなくても良いですが、
雪がよく降る地域の方は、普段のワイパーで
不便さがあるのであれば検討してみてもよいと思います。

ウォッシャー液の対策

とても寒くなるとウォッシャー液も固まってしまいます。

・出したらフロントガラスで凍ってしまった。
・ウォッシャー液の管が凍ってしまって液が出てこない。
・壊れてしまった。

など、ならないようにウインドウォッシャー 冬用を入れて対策をしましょう!

カー用品店などにありますので、凍結が心配される場合は
ウォッシャー液の不凍液を入れておきましょう。

バッテリー・ブースター

寒さでバッテリーが上がる事があるそう。
バッテリーが古い場合は新しいのにしたり、
ブースターを入れておくと安心かも。

雪が頻繁に降るわけでない場合は様子見でも良いと思います。

タイヤチェーン

いきなり雪が降ることも。
スタットレスタイヤでも凍結路で滑りがちになる事があります。
金属タイプだけでなくゴムタイプも売っているので、
トランクに入れておくと安心です!

なんと今はスプレータイプも!
場所取らないので、応急処置として1本あると便利ですよ☆

役立つアイテム

タイヤグリッパー

雪にはまってしまってタイヤが空回りしてしまう時に。
アクセル踏んでもスリップして動かない時に役立ちます!

スプレー式タイヤチェーン

スタットレスにしてないし、チェーンも積んでない!
急な雪で積もってしまった。
さらに凍結まで!
そんな時にあると便利なスプレーです。

最大10km位走行出来るとの事なので、応急処置として。

実はコレ、靴の裏にスプレーすると滑りにくくなるんですよ☆

さいごに

突然の雪や路面の凍結があると焦ってしまいますよね。

もしもの時の為に事前に準備したり、
とっさの時に役立ててみたりして下さい☆

スポンサーリンク

 - 日常, , , ,