プールに注意!?プール熱(咽頭結膜熱)とは?症状や治療法を教えて!

   

スポンサーリンク

プール熱ってなに?

なってしまったらどうすればいいの?
 
 
症状や治療法、予防など

まとめましたので、参考にしてください。

スポンサーリンク

  

プール熱とは?

プール熱は、

咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)とも言います。
 
 
アデノウイルスによる夏風邪の一種。

感染者の唾液や目やにからも感染します。
 
 
プールの水を介してうつってしまいやすい事から

“プール熱”と呼ばれています。

夏の時期に発生しやすいですが、季節を問いません。
 
 
かかりやすいのは1歳くらいからですが、

兄弟が幼稚園や学校から持ち込んでしまった場合、

赤ちゃんでも感染してしまう事があります。

症状とは?

39~40度の高熱が4~6日ほど続きます。

最初はのどが赤く腫れて痛み、

風邪のような症状があらわれます。

後半には咳や鼻水が出てきます。

耳の前やあごの下のリンパ節の腫れ

目の充血、涙目、

目やになどの結膜炎の症状が伴う。

下痢や嘔吐がみられることもあります。

治療法は?

治療法や、ホームケアはどうしたらよいのでしょう?
 
 
プール熱に対する特効薬はありません。

アイスノンなどで冷やしながら、

安静にし、水分をしっかり摂るようにしましょう。
 
 
食事は、のどが痛むので、のどごしが良く、

消化の良い物を食べさせましょう。
 
 
とても辛そうであれば、病院に処方してもらった薬、

解熱鎮痛薬を飲ませましょう。

目の症状には点眼薬が処方されることがあります。
 
 
処方される薬の代表的なもの。

解熱鎮痛薬
・アンヒバ
・アルピニー
・カロナール   など
 
 
症状が治まったら、

2日後くらいから登園が可能です。

予防しましょう!

プールの水を介して感染しやすいので、

プールのあとや流行時期には手洗い、うがい、目の洗浄を

しっかりとしましょう!

体調が悪い時は、抵抗力が落ちているので、

プールに行かない方が良いと思います。
 
 
咳やくしゃみでも伝染しますので、

咳が出てるときはマスクをしましょう!

こどもが好きなキャラクターのマスクを作ってあげたりすると

嫌がらずにしてくれたりします。

まとめ

発熱やのどの痛みなど辛いですよね。

家族にうつってしまっては大変!!

しっかり予防して、感染しないようにしましょう。

うつってしまったら、安静にし栄養のあるものを食べて

ちゃんと治してくださいね。

スポンサーリンク

 - プール熱(咽頭結膜熱), 病気 ,