夏バテの原因や症状や予防とは?

      2018/03/14

スポンサーリンク

夏バテ…

毎日暑いし、

仕事しなきゃだし、

子どものお世話しなきゃだし…

でもなんかだるい…

やるきがでないなぁ…

これってもしかして夏バテ!?

スポンサーリンク

そいういえば夏バテってなに?どんな症状があるの?

・だるい
・食欲がない
・疲れがとれない
・なんか体調が悪い
・やる気が出ない
・眠れない
・イライラ
・めまいや立ちくらみなどふらつくことがある
・熱っぽい
・便秘や下痢になる事も!?

夏の暑さによる自律神経系の乱れに起因して現れる様々な症状ですが、

特定の症状や原因のあるものではありません。

夏に上記などの症状がでた場合に夏バテとよぶことが多いです。

しかし、夏バテではなく何かの病気の可能性もありますので、

心配であれば病院で診てもらいましょう。

夏バテになっちゃう原因ってなに?

1番の原因は自律神経の働きの乱れです。

外と室内の温度差がありすぎる事によって

自律神経の働きがうまくいかなくなると夏バテになりやすくなります。

真夏の外の暑さと寒いくらいに涼しくなっているお店や家の中。

温度差がかなりありそうですね…

このような所に出たり入ったりしたり、

涼しい家の中に引きこもって暑さに慣れていないと

うまくコントロールできず夏バテや冷房病になってしまったりします。

また、水分補給が足りないと汗が出なくて熱を逃すことができません。

さらに熱帯夜で寝つけずストレスや睡眠不足により不調になる事も。

やっかいな夏バテ 予防は出来るの?

外と室内の温度差をなるべくなくして

自律神経がうまくコントロールできるようにしましょう。

・冷房のかけ過ぎをやめる
・エアコンの風は上向きにする
・日が暮れたら窓を開ける
・扇風機をうまく使って空気を循環させる
・暑い日差しの時はカーテンを閉める
・すだれやよしず、ブラインドを使う
・風鈴や打水
・早いうちに グリーンカーテンを作る
・食生活の改善
・水分をとる
・汗ふきシートの活用
・シャワーを浴びたり、こまめに腕などを洗う
・寝る前にタイマーをかけて冷房をつける。28度くらい
・寝る時にアイスノンを使う
・湯船に入って疲れをとる

毎日暑くてやってられませんが、

外気と室内の温度差は5度以内を心がけましょう。

職場であったりすると、冷房の調節は難しいかもしれませんが、

カーディガンを羽織るなどするとよいですよ。

まとめ

だるくて嫌になっちゃう夏バテ…

対策をして夏バテ知らずになるといいですね☆

暑い夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

 - 夏バテ, 日常 ,