紫外線対策をしよう!紫外線を予防をしよう!

      2016/08/04

スポンサーリンク

紫外線って体に悪いのは知ってるけど、

いったいどうやって対策をすればいいの?

日焼け止め塗るだけじゃダメなの?

スポンサーリンク

  

紫外線対策をしよう

紫外線が強いのは大体4~9月頃

びっくりなのが曇りや雨でも紫外線があるという事!

薄曇りの日は晴れの時の60~80%も紫外線があるそうで。

曇りの日にUVケアを怠っていた方は要注意ですよ。

薄曇りの日でも、日差しがあまり強くなくても

UVケアをしていきましょうね。

ところでなんで紫外線対策をするの?

紫外線を浴び続けているといろいろな影響がでるのです。

・シミ、ソバカスが増える、濃くなる
・シワが増える
・たるみ(肌のハリが失われていく)
・肌が厚くなっていく
・肌が荒れる(乾燥など)
・肌老化の促進
・表皮細胞を傷付け、肌細胞の再生(新陳代謝)に乱れを生じさせます。
・白内障、皮膚がんの恐れも
・炎症
・すぐに黒くなる
・あとから黒くなる
・皮膚ガンの原因に

このように肌への影響だけでなくガンの原因になるなど、

紫外線はとても怖いものなんです。

肌を大事にして、老化の促進をしないように紫外線対策が必要なのです!

紫外線を予防しよう

紫外線は肌の大敵
ずっと以前は、紫外線によるビタミンDの生成作用から、
日光浴が推奨されたこともありましたが、
日常生活で少なからず紫外線を浴びてしまいますし、
ビタミンDは通常の食生活によって十分摂取できることが現在は分かっています。

わざわざ(積極的に)太陽光にあたる必要はありません。

・紫外線の多い時間帯に注意!
・UV加工された日傘、サングラスを使用する
・日焼け止めパウダー、クリームを塗る
・できるだけ太陽の光を肌に当てない
・マスク、ハンドカバーなど(自転車・徒歩の方)
・めがねやサングラス
・つばの広い帽子
・首の後ろも覆ってくれる帽子
・UVカットコンタクト
・UVケア目薬

これらを使用したりして、なるべく紫外線に当たらないようにしましょう。

紫外線についてはコチラの記事に書いてあります。
紫外線ってなんだろう?SPFってなに?PAとは?

話題の飲む日焼け止めはコチラ
飲む日焼け止めのおすすめ!頭皮や目だってブロック!全身効果!
飲む日焼け止め︎!?話題のヘリオケアとは?気になる効果!何がすごいの?

スポンサーリンク

 - ケア, 紫外線 ,