汗の役割とは?なぜかくの?冷たい物の食べ過ぎは良くないの!?

   

スポンサーリンク

あっつーい夏…
たくさん汗かきますよね。

暑い時だけでなく、
緊張した時や
恥ずかしい時
恐ろしい時
辛いものを食べた時

などにもかきますね。

特に湿度が高い日なんかモワモワして
気持ち悪くて汗がジワジワダラダラ…

鼻の頭や額などが光ってたり、
鼻の下に大粒の汗がたまってたり、
耳のわきをタラーっと流れてきたり…

結構嫌われものの汗…

なんで汗かくんでしょう?

熱い体の体温を下げる場合は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。
体温を下げる方法とは?夏の汗っかき対策!発熱時に!

スポンサーリンク

汗の役割とは?

人はなぜ汗をかくのでしょう?

基本的に汗は暑い時にかきます。

運動をしたり、
暑い日であったり、
熱を産生する食べ物を食べた時など。

体内で熱が作られた時に、
体内の熱量のバランスを保とうとして、

汗をかき、体の外へ熱を逃がそうとしてくれます。

人は体温調節をするために汗をかくんですね。

汗をかかないと体温調節ができず、
熱がこもってしまい、熱中症になりやすくなったり、
重症化しやすくなってしまうことも。

また、
冷え性になりやすい
免疫力の低下
イライラしやすい
太りやすい
痩せにくい
体臭が気になる

など、あまり嬉しくない事ばかり。

でも汗をかくことはいい事なんですね。

暑い時こそ冷たいもの食べたい!
でも食べ過ぎは要注意!

暑い夏なので、

アイスやかき氷、
そうめんに冷やし中華、
冷たいそばにうどん…

どうしても冷たい物が食べたくなってしまいますよね!

わかります!
冷たいジュースを一気飲みとか美味しいんですよね!
 
ですが!
冷たい食べ物は、急激に体を冷やしてくれますが、

体に良くないので、食べすぎに注意です!

冷たいものばかり食べていると、
汗をかきにくくなってしまって、
胃や腸に負担がかかり、体が弱くなります。

そうすると
体温調節がうまくできなくなってしまうのです。

夏バテになってしまったり、
熱中症に耐えられる体にならなくなってしまうので、
注意して下さいね!

まとめ

嫌われものの汗、

実は体温調節をしてくれる優れものだったんですね!

体温を下げる方法もあるので、
活用してみるといいかもしれませんね。
体温を下げる方法とは?夏の汗っかき対策!発熱時に!

冷たいものの食べすぎも気をつけて下さい☆

汗をかく事はとても大切な事なので、
うまく付き合っていけるといいですね☆

スポンサーリンク

 - ケア, スキンケア,