口まわりがカサカサして痛い!荒れてしまった口元の原因や対策とケア

      2016/07/06

スポンサーリンク

秋くらいからいろんな所がカサカサしてしまうんですよね…

カサカサしたり
粉を吹いたり
かゆくなったり
赤くなったり
ヒリヒリしたり

どれも辛いんですよね…

今回は口まわりのカサカサの原因や対策などを見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

  

肌は優しく扱いましょう!

洗い過ぎやこすり過ぎをしない!
肌はとてもデリケートでダメージを受けやすいもの。

口を拭いたり
落ちにくい化粧品を落とすのにこすったり…

角質層がダメージを受けてしまうと、肌を守る力が弱くなります。
そうすると水分を保つ力も弱くなり乾燥しやすい肌になってしまうのです。

ウォータープルーフなどの化粧品をしっかり落とすために洗浄力の高いクレンジングを使うと、
必要な皮脂まで洗い流してしまうので、乾燥しやすくなります。

対策

・洗いすぎやこすり過ぎは控える
 ゴシゴシ洗いはカサカサにしてしまいます!
・刺激の少ないクレンジングを使う
・落ちにくい化粧品を控える
・口を拭くときはこすらずに押さえつける感じで拭く。

これらを意識して行動すると改善するかもしれません。

舌なめ皮膚炎

荒れてヒリヒリするからといって
舌で口まわりをなめた事はありませんか?

乾燥して荒れてしまっているからと、
ちょっとでも潤そうとなめてしまうんですよね。

一時的に痛みも引くし。

でもこれって逆効果なんですって!
 
舌のざらつきが刺激になって炎症してしまったり、
ヒリヒリ痛い時になめてしまうと、唾液が刺激になって症状が悪化してしまったりしてしまいます。

これは、口まわりを頻繁に舐める事によって起こる皮膚炎なんです。

舌舐めずり皮膚炎
舐めまわし皮膚炎
口なめ病

などと言われる事もあります。

対策

ヒリヒリ痛くてもなめないように気をつけましょう。
クセになってしまっていると直りにくいですが、
気をつけてなめないようにしましょう。

保湿剤を繰り返し塗りましょう。
普段からワセリンなど塗っておくと予防になります!

ジクジクしてひどい場合は
ステロイド外用剤で炎症を治します。
(受診してくださいね)

アトピー性皮膚炎

お肌を守る力が弱くなってしまっているため、水分が外に出てしまって乾燥している状態になります。

この乾燥した皮膚は外部からの刺激物質が浸入しやすくなっています。

刺激にとても敏感になっているので荒れやすいのです。

色素沈着がある場合はアトピー性皮膚炎の可能性が高いので、1度診てもらうと良いでしょう。

口まわりだけアトピー性皮膚炎の場合もありますので、確認してみて下さい。

対策

乾燥していると症状が悪化したり治りにくかったりするので保湿剤を使用するのが良いでしょう。

清潔にし、うるおいを保つように心がけると良いですね。
毎日のスキンケアが大事です!

ひどくなってしまったら、
皮膚科を受診し、処方された薬をしっかり服用する事です。

治ったと思っても再発してしまったりするので、油断大敵です。

接触皮膚炎(かぶれ)

歯磨き粉やリップクリーム、口紅、食べ物などが原因の場合もあります。

ですので、刺激の少ないものにしたり、
なるべく触れないように気を付けてみたりしてみて下さい。

何を塗ればいいの?

ひどくなってからの薬は?

・病院で処方された薬
診察をすれば、
ステロイド外用剤など処方されるので、
特に問題ないかと思います。

・ケア

アロベビーミルクローション/楽天
洗顔後にベビーオイルを口まわりに塗り、
そのあとに化粧水を顔に馴染ませる。
その上からラップでパックする。
蒸しタオルを乗せて数分放置する。
という方法もあります。

・市販薬
ワーボンプラス軟膏

赤ちゃんでも使えると言っているように
一番弱い分類のステロイドになっています。

顔や皮膚の薄い部分にも使用できますが、
使いすぎはやっぱり良くないので程ほどにしましょう。

予防や軽い症状の場合は?

・ヒルロイド
今話題?にもなっているヒルロイド。
予防として、塗って保湿すると良いでしょう☆

・私がよく使うのは
ユースキンA(楽天)

ひび、あかぎれ、しもやけに効くハンドクリームなのですが、
私は顔にも使っちゃってます。

抗炎症剤が入っているので、治りやすいです。

ちなみに私は化粧水代わりに使用しています。
かなりしっとりするので、試し塗りして荒れなければおすすめです!

まとめ

口まわりのカサカサやヒリヒリは刺激であったり乾燥が原因だったりでした!

まずは普段からのスキンケアを行って秋ころからの乾燥に耐えられるようにしましょう!

スポンサーリンク

 - ケア, スキンケア ,