花火大会の持ち物で必要なものとは?便利なもの子連れであると良い物

      2016/05/11

スポンサーリンク

夏と言えば花火大会!

家族と一緒に
恋人と一緒に
友達とわいわい
職場の人と

いろんなシチュエーションがあると思います。

今回は

家族と一緒に!
子どももいるんだけど、何を持っていけばいいかなぁ。

あれがあればよかった。
これを持っていくのを忘れて大変だった!

そんな失敗がないように

あると便利なものなどをまとめました!

スポンサーリンク

  

花火大会の持ち物で必要なものとは?

レジャーシート

これはなくてはなりませんね!

芝生に敷く場合は薄めのシートでも大丈夫ですが、

アスファルトにレジャーシートを敷く場合は

少し厚めのシートにした方が良いです!

日中の日差しで熱くなったアスファルトは

夜になっても熱が逃げることなくとても熱いのです。

アスファルトに薄いレジャーシートを敷いた時は

暑くてじっと座ってられませんでした。

ゴツゴツして固いので厚めがオススメです。

ねんねしてる赤ちゃんをごろんとさせられずに

ずっと抱っこしてた事があります。

飲み物

夜でもじめじめ暑いです。

体調を崩さないように必ず持っていって水分補給をしましょう!

現地で買うととても高かったりするので、持参する事をおすすめします。

また、凍らせた飲み物を持っていくと保冷剤代わりになってとても気持ちいいですよ。

ペットボトルの飲み物を500ml全部凍らせると溶けるのが追いつかなくて

飲めない事もあるので、凍らせるのはペットボトルの7割くらい。

7割ほど凍らせたペットボトルに凍らせていない飲み物を入れると、

冷たい状態で飲めます。

飲んでしまったらまたそこに飲み物を入れれば冷やしてくれるのでおすすめです。

タオル

ジメジメしている事があるので、

とても汗をかきます。

子どももよく汗をかくので、少し多めに持っていきましょう。

急な雨の時にも役立ちます。

小銭

万札を持っていくと屋台のお兄さんに嫌な顔をされます…

また小銭があればさっと出せて手間取る事がなくなります。

花火大会あると便利なもの役に立つもの

花火大会のパンフレット

会場や駅付近でもらえたりします。

トイレの場所などの確認が出来るので、

事前に調べておけばトイレに慌てる事がなくなります。

また、はぐれた時のために待ち合わせ場所を決めておくと良いですよ。

掲示板がある所もあるので、それで確認しても良いですね。

虫除け・かゆみ止め

水辺が多いため蚊がいる事が多いです。

虫よけスプレーをしていくと安心です。

刺された時用にかゆみ止めもあるといいかも!

帽子や日傘

明るいうちに場所取りする場合は、

日差しが強い事もあるのであった方が良いかもしれませんね。

保冷剤

夏の夜はムシムシして暑いです。

冷たいものがあると気分もよくなりますよ☆

子どもも暑くてぐずったりするのであると便利です!

凍らせたドリンクでも代用できます。

絆創膏

人ごみの中を歩いて転んでしまうことがあるかもしれません。

花火が始まるとどんどん暗くなっていきますからね。

もしママが浴衣を着ていくならゲタの鼻緒ずれ対策で、

絆創膏を貼っておくと痛い思いをせずにすみますよ。

うちわや扇子

うちわがあるだけで、涼しさが全然違います!

手で扇いだり、紙で扇ぐのは大変です。

うちわはとても夏らしいのでぜひ持っていきましょう。

子どもの遊び道具になる事もあります。

雨具

急に雨が降ってくることもありますので、

折りたたみ傘やカッパを持っていくと安心です。

傘はジャマになったり人が多い中だと歩きづらいので

レインコートの方が他の人に迷惑にならず動きやすいです。

思ったよりも寒かった!という時の防寒にも。

小さな折りたたみイス

ずっと座っているのって疲れてしまうもの。

地面が熱いと座るのもイヤになってしまったり。

浴衣の着崩れ防止にもなります。

子どもが座るのに疲れてしまった時にも役立ちます。

ただ、イスに座ってる人って後ろの人からするととてもジャマなもの。

まわりの人のジャマにならないように使いましょう。

後ろに人が居る場合は大きなイスは使わない方が良さそうです。

保冷バッグ

飲み物はすぐ冷たくなってしまうので、

凍らせた飲み物と一緒に入れておくと冷たさが長持ちします!

また、水で濡らした小さめのタオルを入れておくと

冷たくなってとても気持ちいいですよ!

ウェットティッシュ

これはとても便利!

屋台ものはベタベタするものが多いので、手が汚れがち。

子どもがこぼしてしまうなんてよくある事。

シートを拭いたり出来るのでとても助かります。

また、トイレのあと手が洗えない場合にも使えます。

ビニール袋

中々ゴミ箱が見つからない時に簡易ゴミ袋として使うと便利です。

子どもがいると何かとゴミが増えるもの。

帰りにゴミ箱に捨てればいいですよね☆

ゴミ箱がない時は持ちかえりましょう。

上着・はおりもの

冷え込んだ時に必要になります。

途中で子どもが寝てしまった時にかけてあげたり。

場所によって花火の灰が飛んでくる事もあるので、その時に役立ちます。

ポケットティッシュ

トイレの紙が切れている事もあるので、持っていると安心です。

ミニテーブル

これがあると食べるときに安定して食べやすくなります。

荷物になるので、パパが持ってくれる場合に持っていくと良いです。

迷子防止ヒモ

迷子帽子ひもやハーネスなどがあると

人ごみの場所でも安心です。

抵抗ある人もいると思いますが、

迷子になって怖い思いをさせてしまうよりは良いと思います。

おもちゃやお菓子

ぐずった時用におもちゃやお菓子などがあると助かります。

また、なるべく携帯は渡したくありませんが、

最終手段で携帯のゲームなどで遊ばせる手もあります。

携帯トイレ

トイレまで間に合わない!

という時に使えます。

直前になって「トイレー!!」となると慌ててしまいますよね。

そういう時に限ってトイレに長蛇の列が…

大人はさすがに使えませんが、子どもなら許してくれるハズ。

大きめタオルや上着で目隠しすると周りの人に迷惑になりにくいです。

まとめ

いかがでしたか?

家族での花火大会

子どもが小さいと抱っこだったり寝ちゃったり

こぼしちゃったりと大変な事が多いと思いますが、

子どももパパもママも楽しく過ごしたいですね。

家族の素敵な思い出を作ってください☆

スポンサーリンク

 - イベント, 花火大会 ,