寒さ対策には窓のカーテンを工夫するだけで変わる!効率よく対策を!

      2016/09/05

スポンサーリンク

窓からの熱の流出は部屋全体の約5割だと言われています。
ほとんどが窓から逃げてしまうなら、必ず対策をしておきたいところですね。

では見ていきましょう☆

窓に関する寒さ対策はこちら
寒さ対策で窓からの冷気をシャットアウト!暖気が逃げない部屋づくり
 
 

スポンサーリンク

  

カーテンの対策・工夫

カーテンは長めのものにする

冷気は下にたまりやすいので、
カーテンの裾と床の間があいているとそこから冷気が進入してきます。
冷気が入ってくるし、暖かい空気は外に逃げてしまうしで、
暖房をつけていても寒い!という事になってしまうのです。

ですので、カーテンは裾が床に付くように取り付けましょう。
そうするだけで、冷気の入り方が違います!

でも、すそが床に付いちゃうとカーテンにホコリが付いちゃうのが気になりますよね?
カーテンは開け閉めをするので、必ずホコリがついてしまいます。
そんな時はカーテンの裾をまとめて持って、
窓を開けてバサバサするといいですよ☆

ホコリが付いてしまいますが、
寒さが和らぐなら許せる範囲ですね!

厚手のものを選ぶ

ペラペラ薄いカーテンだと、軽すぎて冷気を遮断出来ずに
進入してきてしまうので、厚手のものにすると良いですよ☆

断冷(断熱)カーテンにする


断冷カーテン/楽天という物が売っていたりするので、
それを選んでもいいかもしれませんね。

その際は床に付く長さのものを選んでください。

暖色系の色を選ぶ

視覚的に暖かくするために、暖色系にするのもありです!
青系のカーテンは見ただけで寒さが増してしまいますもんね。

玄関や2階からスースーする時は?

・玄関とリビング(ダイニング)が繋がっている。
・廊下とリビングが繋がっている。
・玄関と廊下、リビングがドアで区切られていない。
・リビングの階段から冷気が入ってくる。

などなど、
間取りによって暖まりにくい場合がありますよね。
冷気がスースーと入ってきてとても寒い思いをしながら
過ごすのってなんだか辛いですよね。


仕切りカーテン/楽天

そんな時にはカーテンを活用すると効果的!
カーテンでなくても仕切りを作ってしまえばかなり違います。

まず、玄関とリビングの間や、階段など冷気を遮断したい所に
つっぱり棒を取り付けます。
その際カーテンを引っかけるリングなどをかけておきます。

カーテンレールでも良いですが、つっぱり棒は100均でも売っているし、
つけはずしが自由に出来るので良いですね☆
見た目が気になる方はカーテンレールがいいかもしれません。

あとはお好きなカーテンを付けるだけなのですが、
裾が下に付くようにしないと冷気が入ってきてしまうので、気をつけて下さい。

カーテンでもアコーディオンカーテンもありますし、
ビニールカーテンやロールスクリーンタイプもありますので、
お好みのものを探すと良いですね☆

他には、段ボールや仕切り板を使用してみたり。

もしお金をかけられない!という場合は下部の対策(仕切り板など)をするだけでもいいですね。

吹き抜けの寒さ対策

暖かい空気が上に行きすぎてしまうと暖まりませんよね。
吹き抜けがあると寒くて辛い!
という時は、寒い時期だけ吹き抜けを覆うようにカーテンをつけると大分違います。

明るい色のカーテンやレースカーテンを使用すると見た目も良くなりますよ。
おしゃれにカーテンを付けると楽しいかもしれませんね☆
寒いのがほんとにイヤ!という場合は厚手の生地のものをつけてみては?

まとめ

寒さ対策、
カーテンの工夫をするだけでも全然違います!
寒い思いをして辛くないように早めに対策を!

スポンサーリンク

 - 寒さ対策, 日常 ,