子連れの海水浴!必要な持ち物やあると便利なもの!子どもと楽しもう

      2016/06/05

スポンサーリンク

夏といえば海ですね!

なんだかわくわくしちゃいます☆

子ども連れでの海って何持っていけばいいんだろう?

子どもには何が必要なんだろう?

と、悩んだりするかと思います。、
 
 
子連れであると良い持ち物をまとめました!

参考にして頂けたらと思います。
 
 
最低限の持ち物や、あると良いもののリストはこちら☆
海水浴に必要な持ち物リスト!あると便利なもの!おすすめを紹介!

スポンサーリンク

  

子連れの海水浴であると便利なもの

レジャーシート

これは必需品ですよね!

疲れたー座りたーい!となったり、

オムツ替えがあったり、

疲れて寝てしまったり…

少し余裕を持った大きさのシートがいいかもしれませんね。

テント

子どもは特に日差しに弱いもの。

休んでる間、テントの中にいれば日焼けもしにくいし、

体力の消耗も減らせます。

また、お昼寝しちゃっても日陰があれば安心ですよね。

ポップアップテントのようなものであれば電車でも持ち運びがしやすいです。

子連れで荷物が多くなりますが、テントはあったほうが良いですよ!


ワンタッチテント ポップアップテント/楽天

飲み物

海水浴に必要な持ち物リスト!あると便利なもの!おすすめを紹介!

こちらの記事でもご紹介しましたが、

油断をすると熱射病になります。

凍らせると冷たさ長持ちしますよ!

保冷バッグに凍らせたペットボトルを入れておけば

他の飲み物も冷たくなります。

私のおすすめは、

ペットボトルの半分~7割くらいにお茶を入れて、

ななめにして凍らせます。

この時ボトルの入り口がふさがらないようにします。

そして出かける前にお茶を入り口まで入れて持っていくのです。

そうすると冷たいお茶が飲めるのです☆

溶けてるお茶がなくなった時は、

またお茶を入れれば冷たく飲めますよ☆
 
 
水筒はかさばるし、重いのでこちらの方がおすすめです!

砂場セット

シャベルやちっちゃいバケツ

砂場用のおもちゃ

空きペットボトル

など、砂で遊べるものがあるとシートの近くで遊ばせられます。

帽子

熱射病対策にもなるので、持って行きましょう。

つばが広いもの。

首の裏が隠れるとなお良いです。

ラッシュガード

なるべく日焼け対策したいですよね。

子ども用のラッシュガードを用意しておくと安心です。

日焼けが痛い!と泣く事がなくなると思います。


ラッシュガード キッズ/楽天


ラッシュガード ベビー/楽天

目立つ水着

迷子防止に目立ちやすい水着にすると良いです。

ほんの隙にどっか行ってしまったりするので、

見つけやすい色や柄にしておくと

ちょっと離れてしまった時に見つけやすいですよ。

絆創膏

大人でもすり傷を作ってしまいがち。

イタイイタイ!と騒いでしまったりするので、

絆創膏は用意しておきましょう。

お菓子

お腹すいたーと騒いだりするので、

お菓子や何かご飯的なものがあると良いです。

塩あめも持っていくと良いでしょう。

ラップタオル

着替えが楽になります。

寒い時や暑い時にも使えるし、

体を拭いたりと万能に使えます!

水遊びパンツ

おむつは重くなるので、

水分を含まない水遊び用のパンツがあると良いですね。

ゴーグル

顔をつけられない場合はゴーグルがあると潜れて楽しめます。

また、箱メガネのようなものがあると、

小さい子でも興味津々になって見てくれるかも。

ハンカチやタオル

汗を拭いたり、砂を払ったり、日よけなど、

いろんな場面で活躍します。

多めに用意しておくと良いです。

ティッシュ、ウエットティッシュ

トイレの紙だけでなくケガした時や、

鼻水が頻繁に出る時、

食べ物で口が汚れた時、

こぼした時

などなど使う場面は多数あります。

最後に

ちょっと目を離しただけでどっかいってしまうもの。

人がいっぱいなので、

「あれ!?うちの子は!?」

とならないように気をつけましょう。
 
 
もしもの時のために迷子札をもたせておくと良いです。

名前、電話番号、住所など書いたものを

ポケットや水着の内側に入れておきましょう。
 
 
子どもも大人も心に残る思い出となりますように☆

スポンサーリンク

 - イベント, 海水浴 ,