雪道を歩く時には転倒に注意!滑りやすい場所とは?

   

スポンサーリンク

雪が降ると溶けた雪が凍ったり、踏み固められたりしてとても滑りやすくなるんですよね。

恐る恐る歩いたり、
転びそうになったり、
尻もちついたり、
気をつけて歩くから変な所が痛くなったり…

いろいろ大変な思いをすると思います。

少しでも楽に歩けるように!
滑りやすい場所をまとめました!
ぜひ参考にしてみて下さい☆

スポンサーリンク

雪道を歩く時に滑りやすくて危険な場所とは?

滑りやすい所はとてもたくさんあるので、
避けて通ったりして注意して下さい☆

横断歩道

横断歩道の白線の上って結構滑るんですよね。
水が染み込まないので、薄い氷の膜が張ってしまったり、みぞれ状になってしまうんです。

ですので、なるべく白線の上は歩かないようにして下さいね。

また、歩道や横断歩道には緩い傾斜があります。
特に下りが滑りやすいので気をつけて!

タイル張りの場所

靴についたり雪や、溶けた雪などで滑りやすくなっています。
急いで歩かないようにする事と、靴についた雪は落としてから駅内やお店に入るようにしましょう。

踏み固められてる場所は注意!

バスやタクシーの乗り場
乗降の際、足元の雪が踏み固められていて滑りやすくなる事があります。
乗り降りは危険ですので気をつけて下さい。

車が出入りのある歩道
店舗などがあって車が出入りすると歩道の雪が押し固められます。

地下街からの出入口付近
地下からの出入口はつるつるしやすくなっています。
段差で転んだりする事もあります。
滑らない環境からいきなり滑る路面へ変わりますので、慌てないで慎重に出るようにして下さい。

坂道注意

坂道はとても滑りやすくなっています。
バランスも崩しやすいので、かなり慎重に歩いて下さいね。

雪が溶けにくい場所

影になってる場所
日が当たらないので、中々溶けません。
ボコボコに固まって更に歩きづらくなります。

歩道橋
歩道橋も雪が溶けにくく凍結しやすいです。
また傾斜があり、バランスが難しくなるので気をつけましょう。

さいごに

朝方に積もったり凍結したりしますので、
朝方や夜中はいつも以上に慎重に歩いて下さい。

雪道はたくさん滑りやすい所があります。
雪があまり降らないと滑りやすい所がわからなかったりしますので、本当に気をつけて下さい!

滑りにくくなる靴を履いたりするなど、対策を!

スポンサーリンク

 - 日常, ,